WEB会議の準備時間削減と会議の品質向上を実現 MAXHUBを設置している会議室から予約が埋まるように

2022年06月29日

名称: エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社

業種: 情報・通信業

規模: 104名

導入時期: 2022年3月

http://www.nttms.co.jp/

エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社は、マンション向け全戸一括型インターネット接続サービス「DoCANVAS」をはじめとする集合住宅向け事業や、モバイルブロードバンドサービス「DoRACOON」をはじめとする法人向け事業等を展開しています。
これまで会議時はモニターやプロジェクターを使用しており、準備に手間取っていることが課題でした。MAXHUBを導入いただきどのような変化があったかお話を伺いました。

 

▶︎ 会議時プロジェクターやモニターを使用しており都度HDMIケーブルで配線する手間があった。
▶︎ WEB会議時の機器セッティングに時間がかかっていた。
▶ WEB会議時に使用していたマイクの集音性能が低く、発言者の声が聞き取り辛かった。

 

 

▶︎ HDMIケーブル不要で投影者の切り替えも簡単、会議を中断せずスムーズに。
▶︎ WEB会議時の機器セッティングが不要で準備稼働が効率化。
▶ 高い集音性能でリモート先とのコミュニケーションが活性化。

 

会議前の準備も会議中も小さいストレスが多かった

 

ーMAXHUBを導入する前の課題をお聞かせください。

会議時は、モニターやプロジェクターとHDMIケーブルを繋いで画面の投影を行っていました。プロジェクターに投影した資料が見えにくかったり、投影者が変わる場合はケーブルを繋ぎなおす必要があったりなど、会議がスムーズにいかないことが多々ありました。

WEB会議時はスピーカーやマイク・USBカメラなどの機器を都度セッティングするため、会議が始まる数分前に来て準備をしなければなりませんでした。機器が足りなくなることもあり不便に感じていました。
また、会議参加者の真ん中にスピーカーを置き別個マイクを繋げて集音していましたが、集音性能が低く発言者の声が聞き取りづらくストレスに感じていました。

新たなオフィスへの移転をきっかけに導入を検討

 

ーMAXHUBを導入いただいた経緯をお聞かせください。

近日新たなオフィスへの移転を予定しており、この機会にプロジェクターを一掃しモニターの追加を考えていた際にご紹介いただきました。MAXHUBならただのモニターでは解決できない前述の課題の解決につながると思い導入に至りました。

MAXHUBを設置している会議室から予約が埋まっていく

 

ーMAXHUBをどのように利用していますか。

計4台導入し、各会議室に設置して会議やWEB会議に利用しています。
具体的にはホワイトボード機能を使い、システム構造や商流を書いて説明を行うなどしています。今まではホワイトボードをPCのカメラで撮りながらリモート先に共有していたので見えづらかったですが、MAXHUBではWEB会議アプリの画面共有機能を使い画面をそのまま共有できるので、リモート先への共有もスムーズです。書いたものはそのままPDFで保存しています。

 

ーMAXHUBを導入後、どのような効果がありましたか。

まず、導入前に比べ会議前の準備が格段にスムーズになりました。別途用意していたカメラ・マイク・スピーカーがMAXHUBには全て内蔵されているので、これまでかかっていた準備時間が削減されすぐにWEB会議を始めることができるようになりました。また、マイクの集音性能もとても良いため、声が聞き取り辛いという場面が減少しリモート先とのコミュニケーションもスムーズに行うことができます。
社員にも好評で、MAXHUBを設置している会議室から先に予約が埋まっていきます

導入をご検討の方

導入をご検討の方